漁港周りのヒラメ釣り-船道を攻めるのが基本で、足元まで探りたい

漁港周りのヒラメポイントとは

漁港のヒラメポイント

 漁港周りは色々なストラクチャーが絡まってできている人工のポイントです。どこを狙えば良いのか分かりにくくなってしまいそうですが、船道を狙うのが基本です。

 漁港は足場もよく、これほど手軽でラクチンなポイントはないのですが、その分、人が入りやすくヒラメもスレやすいのがデメリットです。

漁港周りの特徴

漁港

 漁港周りは当然ながら船の通り道、船道があり、その下は他と比べて深いので、その筋はヒラメのヒットポイントになることが多いです。

 まずは船道に沿ってキャスト&リトリーブを繰り返すと良いと思います。

 さらに漁港周りには外灯などがあるポイントもあり、これもまた好ポイントになることがあります。理由は簡単でベイトが集まりやすいからです。

 ヒラメはフィッシュイーターなので、ベイトを意識したポイント選びをしていれば、まずハズレはないと思います。

 また、堤防の先端付近は潮の流れにタワミが発生するので、ここにもまたベイトが集まりやすいため、好ポイントになりやすいです。

漁港周りをくまなく攻める

 ヒラメはご存知の通り、底に潜みベイトを待って捕食している魚です。

 性格が獰猛なこともあるので、底から1メートル以上離れていてもベイトを追いかけることもあります。が、できるだけ底から1m以内を徹底的に攻める方が得策です。

足元が深いポイント

 そのためには、ミノーでは足元までしっかりと底をリトリーブしにくいので、漁港周りのポイントではジグミノーやメタルバイブ、ジグなんかでボトムトレースやボトムバンピングが効果的です。

Page top icon