サーフにおけるいくつかの注意点(マナーとか)

 サーフにおける釣りには通常の堤防釣りや船釣りとは異なる注意点がいくつかあります。安全対策においてもそうですし、釣り人としてのマナーにおいてもそうです。思いつくことをこのページで紹介していますが、これだけに限らない場合もありますので、地域地域におけるルールやマナーに従うようにして下さい。さもないとせっかくのポイントが釣り禁止区域となってしまったりするかもしれません。

ウェーディングにおける安全対策

波

 シーバスやバスフィッシングなどでウェーディング経験がある方もいるかもしれませんが、サーフでの釣りのウェーディングは少し特殊だと思います。以下に注意点を列記していますので参考にして下さいね。列記したものは理由が当然あります。見ただけで理由が分かる方もいると思いますが、順に紹介していきます。

ウェーディングは波が膝下にかかる程度までにする

ウエーディング

 遠浅のポイントだと問題がない場合もありますが、急に深くなっているようなポイントではいきなり腰まで深くなったりするようなところがあります。ご存知のとおり、ウェーダーに海水が入ってくるとメチャクチャ危険です。ですので、波が来ても膝程度までのところが良いと思います。また、何かあったときのために、ウェーダーを着用する時は、併せてライフジャケットも着用することをオススメします。

ブレイクギリギリまで立ち込まない

 ブレイク付近まで立ち入って、さらに沖のブレイクを狙いたくなる気持ちも分かるのですが、思っている以上に危険だったりします。大きな波が突然やってきて、自分の足元のブレイクが波で削られて、いきなり足場がなくなり深みにはまることがあるからです。

 また、来るときはそれほど満ちていなかったから大丈夫だった道も、帰ろうとする頃には潮が満ちていて、深みができてて帰れなくなったなどもよくある話です。昼間だとそれでもゆっくり帰れば何とかなるかもしれませんが、ナイトゲームで足元が見えないとメチャクチャ怖いですよ。

エイを踏まないようにすり足で歩く

エイ

 近年、温暖化によりエイの群れが大量に接岸していることがあるそうです。アカエイの尾びれ付近には強力な毒針があるので、それを上から踏んだりすると速攻で病院送りの刑になります。ウェーディング中にパニックを起こせばメチャクチャ危険です。

 普通はエイから襲ってくることはなく、ほとんどの事例は人間側がエイを踏んだ場合に起こっているそうです。できるだけすり足で歩き、エイを踏まないように移動して下さい。ただし、すり足で歩くと岩などの障害物につまづきやすくなるので、そちらの注意も忘れずに!!

 また、エイガードなどをつけてウェーディングするのも1つの手段ですが、エイガードでも100%防げるわけではありません。エイを見つけたときにはウェーディング自体をやめることをオススメします。

釣り人としてのマナー&ルール

 ポイントとなるサーフでは釣り人以外も訪れる場所であったりします。 例えば遊泳目的の方だったり、サーフィンを楽しむ人たちだったり、様々な人が訪れます。間違っても他の人が居るところにはキャストをしたりしないようにしてください。人が居ないと思っている場所でも潜っている人がいたりするので常に注意が必要です。ポイントによっては○時~○時は釣り禁止などルールが決まっているところもありますので、地域のルールを守って釣りをするようにしましょう。

 また、釣りのゴミが増えたりしてポイント自体が釣り禁止にされることも考えられますので、ゴミは持ち帰るようにしましょう。

Page top icon