ヒラメとは一体どんな魚なのか?

潜むヒラメ

 ヒラメという魚のイメージといえば、保護色をまとった体で砂の中に潜み、小魚を食べるフィッシュイーターである。というところが有名なところです。しかし、それ以外のヒラメをあなたはご存知ですか?そんなヒラメという魚の生態を紹介したページです。

 ヒラメは最大で全長が1メートル、その魚体は10kgにもなる魚です。一般にヒラメの成長スピードはかなり早く、1年で30cm、2年で50cm、3年で70cmへと成長するといわれています。しかし、ルアーフィッシングで楽しむことができるヒラメは、ほとんどの場合が30~70cmまでの間のサイズだと言われています。

ヒラメの全国的分布

日本分布

 ヒラメは数の多い・少ないを考慮しなければ、全国的に分布しており、どこででも釣れる魚といえます。しかし、全体数を考慮した場合、日本海や太平洋側の外洋に特に多く分布しているので、湾内(大阪湾や東京湾、瀬戸内)では釣ることは難しくなってしまうのが実情です。

 ただし、近年では放流事業を行っている市町村もありますので、その地域周辺では釣れるようなこともあるようです。

ヒラメの釣り方の特徴

イワシ

 ヒラメはかなり獰猛なフィッシュイーターなのですが、タチウオや青物、マゴチなどと異なり、生きた魚しか食べないと言われています。エサ釣りでのヒラメ釣りでは活アジや活イワシが使用されるのはこれが理由ですね(タチウオだと死んだキビナゴでも大丈夫ですよね)。

 ですので、ヒラメを釣ろうと考えたとき、重要となってくるのがベイトの流れや動向です。これをしっかり把握することができればヒラメゲームはもっと簡単にもっと楽しくなります!以下にヒラメの捕食シーンの動画を掲載しておきます。ヒラメの獰猛さが垣間見え、ルアーへの反応が想像できると思います。この映像をイメージしながらリトリーブをすると良い釣果になるかもしれませんよ。

天然ヒラメ?養殖ヒラメ?その見分け方

 ヒラメは実は最近では養殖魚の放流が盛んに行われています。私が住む大阪湾でもヒラメの養殖魚を幼稚園児たちが放流している様子などが新聞の地方欄をにぎわせたりしています。そのおかげで大阪~和歌山間でも釣れることが増えてきた気がします。

Halabut/Sole/Flounder- one of the funny ones.Halabut/Sole/Flounder- one of the funny ones. / wbaiv
実はこの天然物のヒラメと養殖物のヒラメではお値段がかなり異なるのです。(お値段は楽天市場で確認して下さいね)

 値段は大きく異なる感じですが、味や品質は天然のものとなんら遜色はないと言われています。

 その天然物と養殖物の見分け方ですが、ヒラメのお腹(白い方)をみればほとんどが判別可能だそうです。腹側が真っ白なものが天然物、腹側に黒い斑点などがあり、真っ白でないものが養殖物だそうです。(この写真のヒラメは養殖物ですね)このため養殖ヒラメのことをパンダヒラメと呼ぶこともあるそうですね。

Page top icon