サーフでのヒラメ釣りのポイント

 サーフは何もない広大なポイントを延々と攻め続けるわけではありません。それなりの変化を狙ってキャストを繰り返すことが重要です。その変化の見分け方や変化はどこにあるのかをこのページでは紹介しています。基本ができるようになってから、地域地域のポイントの応用ポイントを探してみて下さいね。

サーフにできるブレイクを狙う

サーフ  マヅメの時間帯であれば、ヒラメはかなり接岸してきている場合があり、恐ろしいほど手前のブレイク付近まで寄っていることがあります。まずはウェーディングせずに近くのブレイクを狙うようにすると、ヒラメを散らさずに釣ることができるかもしれません。

 やや沖目にできているブレイクが本命の狙い筋なので、その後からゆっくりと多角的に狙っていくようにしましょう。また、日中になればなるほどヒラメは深いところへと移動するといわれていますので、そうなると沖のブレイクがメインになってきます。潮目がそれと重なっているポイントなんかより魅力的ですね。

 ブレイクや浅いところは肉眼でよく見れば分かる場合もありますが、波を見ても分かる場合があります。波が立ちやすいところは浅いことや、障害物がある場合が多いので、それを参考にしてみて下さい。また、時間的に余裕があるのであれば、干潮時に地形を1度みておくことが一番だと思います。

サーフにある流れ込みを狙う

サーフへの流れ込み  ちょっとした河川の流れ込みでも変化があまりないようなサーフにおいては一級ポイントとなることがあります。理由はベイトがたまりやすいからです。ヒラメも当然フィッシュイーターですので、ベイトに付いて回りますからね。流れ込んでいる河川の大小にかかわらず押さえておきたいポイントの1つです。(写真は比較的大きな川ですが、それこそチョロチョロと流れている程度のものも好ポイントとなります。)

サーフにある障害物を狙う

 障害物といっても色々ありますが、サーフの先にあるテトラや磯混在のサーフだったり、沈み根だったり、そういうものをここでは指します。ヒラメは砂地を好む魚ですが、何か変化のあるところについていることがある魚です。やはりこういった障害物付近にはベイトとなる小魚が居つきやすいのでしょうね。

サーフにある離岸流を狙う

離岸流  この離岸流を見つけることができればヒラメを見つけたも当然と思える超一級ポイントです。この離岸流のあるところにはベイトもたまりやすいし、地形的な変化もかなり大きいことがあるからです。

 離岸流の見つけ方は慣れてくるとミノーをリトリーブしているだけでもルアーの引き抵抗が変わるので分かるようになります。その名の通り岸から離れていくように流れているので、リトリーブがグッと重くなったり、逆に離岸流の流れからそれた瞬間に軽くなったりします。

 また地形によってできる離岸流の場合、図のようなより大きなエッジができている地形のところに起こりやすいです。また、肉眼的に見つけるのであれば、波で発生した泡や、波が持ってきたゴミなんかが沖へ沖へ流されているのが見えると思います。これはなかなか最初は見つけられない微細なものですが、サーフに通い詰めてぜひ見つけられるようになって下さい。

Page top icon