ヒラメゲームでのリールの選び方

 基本的な考え方としてはロッドとのバランスを最も重要に考える必要があり、大抵の場合で3000~4000番クラスのリールを選べば間違いがないと思います。(※番数に関する事柄はこのページの最下段に詳しく記載しています。)

 次にリールの購入で悩むポイントといえば、普通のモデルかハイギアモデルかというところです。ハイギアのリールはロングキャストをした際の糸ふけをすばやく回収できるので、ルアーの泳ぎ出しが早くなるというメリットがあります。しかし、逆に言うなればスローな巻上げが苦手となることもあり、ある意味では一長一短があります。

 ですので、普段から使っている3000~4000番がある方はそれで十分だと思います。これから始めるような方や、専用リールが欲しいという方のみ、ハイギアのリールを買えば良いと思います。(とはいえ、ハイギア、あった方が楽ですw)

ヒラメゲームでのリールの選び方

 どこでも手に入って安心できるリールといえばやはりシマノとダイワのリールの2択だと思います。ヒラメゲームに使えるリールを各社から3種類ずつ紹介します。※なお、ここで紹介するモデルは全てハイギアモデルを紹介していますが、通常モデルでも代用可能ですよ。

シマノのスピニングリール

シマノ ステラ4000HG

 最高級の快適さでヒラメゲームを味わいたいならこちらのステラが何よりもオススメです。自重が265gで超軽量なので疲れません。ただ、やはり価格が高いのでお財布事情としっかり相談して下さい。ステラを1つ買うか、ツインパワーを2つ買うか悩むところです。

楽天市場の価格を見る
Amazonの価格を見る
Yahooの価格を見る

シマノ ツインパワー 4000HG

 個人的にはこのツインパワーシリーズが最もオススメです。座布団ヒラメがかかったとしてもしっかりファイトできます。自重は290gとステラと比較すると重い感じですが、全然気になりません。やはりお財布事情を考えるとこのクラスが限界ともいえますね、汗。

楽天市場の価格を見る
Amazonの価格を見る
Yahooの価格を見る

シマノ バイオマスター 4000HG

 コストをしっかり抑えつつも高パフォーマンスを望むなら、このバイオマスターしかないと思います。ミドルクラスながらしっかりと役割をこなしてくれるリールで頼れるリールになること間違いなしです。ただ、耐久性を考えると少し不安があるかもしれません。入門~中級者にオススメのリールですね。

楽天市場の価格を見る
Amazonの価格を見る
Yahooの価格を見る

ダイワのスピニングリール

ダイワ イグジスト 3012H

 ステラと肩を並べるリールといえばやはりイグジスト。こちらも自重が250gを切っていて超軽量リールです。リーリングしながら潮の変化を感じることができるほど、手元に振動を伝えることのできるリールです。

楽天市場の価格を見る
Amazonの価格を見る
Yahooの価格を見る

ダイワ セルテート 3012H

 最新機能が詰め込まれたハイギアモデルのリールです。もちろん、急な大物がかかっても難なく巻き上げられるそんな信頼のあるリールです。自重も300gを切っているので1日使用しても疲れません

楽天市場の価格を見る
Amazonの価格を見る
Yahooの価格を見る

 リールの性能はプロではない私たちが使うには基本的にそれほど大差は感じません。コストを考えるとより安価なリールを買いたくなるところですが、耐久性を考えるとやはり高級モデルは強いです。より長く使おうと思うならばお金を出してでもハイエンドモデルを買うべきだと思います。でも、それでもステラは高いですよね・・・。私はステラを1つ買うかツインパワーを2つ買うかでいつも悩みます・・・。

シマノのリールとダイワのリールの番数の差

シマノのリールダイワのリールでは番数同士が同じモデルではありません。
(シマノの3000番=ダイワの3000番ではありません)

 2社間の番数の違いを順番に並べてみると以下のような並びになります。ヒラメゲームで使う番数は3000~4000の間と書きましたが、正確にはシマノの3000~シマノの4000番という意味になります。ダイワの4000番ではヒラメゲームには少し大きいかもしれません。

  • シマノ3000番
  • シマノ4000番ダイワ3000番
  • ダイワ3500番
  • シマノ5000番
  • ダイワ4000番

 余談となりますが、シマノのリールでCが付いたリールがありますが、ワンサイズ小さいボディにその番数のスプールを搭載したリールです。例えば3000番Cというモデルは2500番のボディに3000番のスプールを乗せたリールのことです。

Page top icon