人気が徐々に上がってきたルアーでのヒラメゲームの魅力

ヒラメ

 最近、色々な書籍なども発売され、ソルトの雑誌などでも特集が組まれたりと徐々に人気が上がってきたように思うヒラメゲーム。私も始めてみるまでよく分からなかったのですが、かなりゲーム性の高い釣りの部類に入る上に、ヒラメの引きはこれまた独特。青物でもシーバスでもタイでもない新しい部類だと思います。

 そのヒラメゲームはジグやミノー、ワームなどで狙っていくのですが、ミノーを使ったゲームが最も面白く、熱い分野だと思います。そんなヒラメゲームの魅力をこのページでは語ってみたいと思います。

ヒラメ釣りは超お手軽フィッシング

ミノー

 一昔前のイメージではヒラメは船に乗ってアジや活イワシなどを使って釣るものでしたが、ルアーのヒラメゲームの理論が確立されてきてからはそのイメージが大きく一新されました。ロッド1本にルアー数本といった本当に手軽なスタイルで釣りをすることができるようになり、ますますヒラメをターゲットに釣りをする人が増えたように思います。

ヒラメ釣りはゲーム性が高い

サーフ

 ヒラメゲームではメインルアーがミノーになることが多いのですが、そのミノー1つをとってもリップレスミノー~ディープダイバー系のミノー、ミノーのサイズ、カラー、ローテーションのタイミングなど、かなり策を練る必要があるゲーム性の高いものです。もちろん、ゲーム性の高さはタックル選びだけではありません。

 ヒラメゲームのゲーム性の高さのもう1つの点はサーフ。サーフは一見何もなさそうなポイントですが、ヒラメの居そうなポイントを探す必要があること、またきっちりと探ってヒラメを探さなければならないなど、ポイント選びや探り方にも魅力があるのです。特にサーフでは小さな変化だと思って見逃しそうなところが好ポイントだったりすることがあります。

ヒラメは釣ってよし、食べてよし!

ヒラメの刺身

 ヒラメは釣ること自体すでに楽しいのですが、持って帰って食べることが何より楽しいと思います。高級魚でもあるヒラメを手軽に釣ってきて、気軽に食べることができるというのは漁師さんや釣り人の特権とも言えますね!

 釣ってきたヒラメをより美味しく食べられるように当サイトの姉妹サイト『動画で覚える釣魚の捌き方』で紹介しています。捌き方や絞め方もこちらのページで紹介していますので、お時間があればどうぞご覧くださいませ。 家族や友人とお酒の肴に高級魚ヒラメをどうぞ!!

Page top icon