ヒラメのランディンググッズは何がオススメか

 サーフで釣りをする場合、大抵の場合でランディンググッズはいりません。波の力を利用して自分と魚と丸ごと陸へ向かって走ればうまくキャッチすることができます。しかし、足場のあるような漁港周りや磯場の場合、または思わぬ大物がかかった場合はランディンググッズがあれば安心できることこの上ないですよ。

釣ったら食べる!そんなアナタにはハンドギャフ

 釣ったら必ず食べると心に決めている方にはハンドギャフがオススメです。ヒラメ相手だとフィッシュグリップではうまく口をとらえられない場合が多いので、エラを狙ってハンドギャフが一番有効な手段だと思います。

 また、漁港や磯場など足場の高いところでのランディングにはかならずタモが必要になりますので、高さにあわせたタモを持っていくことをオススメします。いつでも抜き上げられるサイズのヒラメがかかるとは限りませんからね。

 さらにヒラメは歯がかなり鋭く危険なためできればフィッシュグリップもあった方が良いですね。ランディングはギャフで、その後でフィッシュグリップで、といった感じですね。プライヤーだけでも何とかルアーを外すこともできますが、フィッシュグリップで魚を固定できるとより外しやすくなりますよ。

ヒラメのさばき方

 釣り慣れている方は不要かもしれませんが、始めてヒラメを釣った!!で、これ、どうやってさばくの??という方は当サイトの姉妹サイトとなる『動画で覚える釣魚のさばき方』を見てください。色々な釣魚のさばき方の動画を集めたサイトです。ちなみにヒラメのさばき方動画はこちらです。

Page top icon