ヒラメをルアーで狙うのに最適の状況はどれか?

 ヒラメをルアーで釣るためにもっとも適したシーズン・時合などを調べてみました。基本的にヒラメは年間を通して狙える魚なのですが、その中でもよく釣れるシーズンや時合が存在するようなので、そのことについて紹介しています。

サーフにおけるヒラメの季節パターン

ヒラメ

 ヒラメがよく釣れる時期は存在するのですが、ポイントによっても、地域によっても異なるので、一概には言えないのですが、今のところ以下のように考えられているようです。

  • 春:数釣りとまれに大型が混じる
  • 夏~秋:数釣り
  • 冬:大型狙い

 ただ、夏~秋口には特にイワシなどのベイトフィッシュがサーフに入り込んでくる地域もあるので、この時期もベストシーズンになると思います。

 初心者がルアーでのヒラメ釣りを始めるのであれば、春から夏にかけてが一番良いかと思います。春であれば大型も交じる可能性がありますし、何より数が多く釣れるのでヒラメ釣りの経験値を得やすい時期だと思うからです。

ヒラメ釣りの時合とは

夕暮れ時

 ヒラメだけに限った事ではありませんが、やはり朝夕のマズメ時がやはり良い場合が多いようです。さらにベイトフィッシュが絡むようであれば、場合によってはヒラメがかなり接岸しているようなこともあり、そんなシーンがあれば超ベストタイムだと言えますね。

 では、日中にヒラメが釣れないかというとそうではないようです。実際に私も日中に何匹もあげています。日中はヒラメは基本的にはやや深場に移動するのか水深のあるポイントで多く釣れる感じがします。ですので、遠投の効くロッドとウエイトのあるミノーやジグなどに軍配が上がることが多くなるようですね。ただし、ベイトフィッシュの入り方次第では日中でも大きなチャンスが生まれることもあるので注意が必要です。

 さらに、ナイトゲームも全くないわけではなさそうですが、アタリが少ないといわれています。私はナイトゲームはやったことがありませんが・・・。

ヒラメの美味しいシーズンを考える

ヒラメの船盛り ヒラメの釣るための適水温は20度をやや下回る辺りがいいとされており、そのことを考慮したのが上記に記した春~初夏や秋口の辺りになるのですが、ヒラメを美味しく食べたいとなると、確実に水温が下がってくる冬のシーズンが美味しいと言われています。早春のヒラメは猫跨ぎ(猫も無視するという意味)とも呼ばれるほど味が落ちると言われています。

Page top icon